Octopus Energy

このたび四ツ谷キャピタルは、
グローバル市場において60億ポンドの再生可能エネルギー資産を管理する
オクトパス・エナジーの発電事業部門から、重要な財務支援を受けました。

 この投資は、オクトパス・エナジー・ジェネレーションが管理するスカイファンドより実行され、四ツ谷キャピタルが今後5年間において、日本国内で250MWの太陽光発電所の開発を可能とするものです。

 オクトパス・エナジーは、すでに日本を含むアジアの再生可能エネルギー市場における、追加プロジェクトを発表しており、同地域におけるコミットメントを示しています。